怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書には探偵の力も必要?

怪文書には探偵の力も必要?

怪文書の犯人探しや対策には探偵の力が必要になることもあります。
あなた自身、心身共に喪失していることで問題解決に向けて動けなくなったとき、調査のプロがサポートに付くことで気持ちが楽になると共に、早期に解決出来る兆しも出てくるからです。

そこで、探偵の力を頼る前にメリットやデメリットもきちんと把握して動き出すようにしましょう。

■ 怪文書で探偵に相談・依頼する意味

怪文書が届いた後、誰に相談しようか、どこに相談しようか、誰の言うことを信じればいいか、など、様々な問題を抱えることになります。
例えば、深刻な癌かもしれないと、家族に伝えられたとき、その相談相手として、同居する家族以外の近親者と言う場合もあれば、ご近所の癌を克服したという経験者だったり、インターネットで探した癌治療のコミュニティーだったりと相談先はあります。

しかし、最終的には医療機関の力を頼ることになり、もっと早くそうしておけば良かったという話も少なくはありません。

怪文書も同様で、家族や友人、経験者に相談することもあるでしょう。

しかし、その怪文書に関わる問題を解決してくれる専門家はどこでしょう?誰でしょう?

そう、弁護士や警察、そして探偵となるわけです。

そこで、問題になってくるのが、弁護士や警察に動いてもらい為には、怪文書を送ってきたという犯行の立証が必要と言うことです。
弁護士による損害賠償請求をしようと思った場合、怪文書を誰が送ってきたのか、送って来た人物の住所はどこか、怪文書によりどれだけの影響を受けたのか、こちらが証明していかなくてはなりません。

また、警察の場合は、怪文書の内容に事件性があるかどうかが判断の基準となり、往々にしてすぐに捜査に乗り出してもらえるということが、少ないのが現実です。

となると、先に怪文書の犯人を自分で特定しておかなくてはならないのですが、それがまた苦労することになります。

心身共に衰弱している中で、再度訪れる怪文書に怯えながら、周囲の人達すべてが犯人に見え、疑う事で一層関係性を悪くし、最後は誰も話を聞いてくれず自分だけ取り残されてしまった。
なんてことが、現実にあるのです。

もしかしたら、あなたも今、この状況かもしれないですね。

そこで、選択肢の1つとして、探偵の力を使うという考え方があります。

探偵に相談・依頼することで得られるメリット

怪文書問題に長けた、解決実績のある探偵なら、
・解決方法を知っている
・早期に解決出来る可能性がある
・犯人特定をしてもらえる
・警察や弁護士と連携してもらえる
・証拠の確保が出来る
・再犯を防ぐ手立てを考えてくれる
・家族からの心配も減る

など、挙げれば数々あります。

一番のメリットは、あなた自身行き詰まった状況の中、代わりに犯人探しや証拠確保をしてくれるという精神的な負担を減らすところにあります。

逆に、

探偵に相談・依頼することのデメリット

・調査費用がかかる
・プロの探偵でも即日問題解決とは行かない
・コミュニケーションが取れない探偵だといざこざの元になる
・信頼できる探偵を探し出すのが大変
・家族や同僚、上司からの反対に遭うことも

と言ったことが考えられます。

しかし、メリットとデメリットを比較しても、メリットの方が怪文書による問題の拡散や再三行われる犯行に対して有効だと言うことがわかります。

そして、まとめると弁護士や警察への相談時にも、犯人特定や証拠を必要とするので、ご自分で犯人特定が出来なかったり、証拠確保が出来なければ、探偵にお願いするという手段も考えなくてはいけません。

■ 怪文書対策で探偵が出来ること

怪文書対策で探偵が出来ること、それは犯人特定と証拠確保につきます。
この2つは、これからあなたが弁護士や警察を通して、裁判や刑事事件として問題解決を図る中で、必要となるからです。

では、ここで、疑問が…
警察に相談するのは犯人を捕まえて欲しいからなのに、警察は捕まえてくれないの?
ということ。

この疑問や質問は、よく頂くのですが、今まで怪文書問題に遭遇されたクライアントさんへの警察の対応を見ても、
怪文書内に、明確な殺意など命の危険性がないと動いてもらえないのが現状です。

また、1通だけの怪文書も、「次、また来たら教えて下さいね」というように、ことの重要性が伝わり切れていないケースも多々あります。

そして、第三者への怪文書の投稿も、あなた自身を特定出来る名前+名誉毀損や侮辱に当たる言葉を使われているかもポイントになります。
想像するに、あなただと分かる表現でも、赤の他人はあなたと分からない。そう言った場合は、動いてもらえないということになります。
このケースはネット上の誹謗中傷などでも多い被害で、地団駄を踏むような気持ちになる方が多々います。

このように、1通の怪文書によって受ける影響がある中で、なんとか早期に犯人を特定して、2通目3通目の被害を食い止めたいと思っても、なかなか思うように警察が動いてもらえないのが、怪文書問題の1つの課題でもあります。

その為、犯人を捕まえたいのであれば、犯人は先に自分で特定しておくという、なんともおかしな話に戻ってきてしまうのです。

そこで、探偵の出番となります。
探偵が持つ技術で、怪文書の犯人探しを行い、犯行現場の確保をすることで警察への相談が円滑に進み、また弁護士による対応もしやすくなります。

つまり、探偵が出来ることは、弁護士や警察への事件の解決に必要な情報提供を行うという橋渡しが出来ると言うことなのです。

■ 怪文書問題に探偵が強いわけ

怪文書の犯人を特定したり、証拠を集めるには探偵の技術が生かされます。
例えば、通常、防犯カメラというのは、あたかも防犯カメラという形をしており、怪文書の犯人などは、自分で怪文書の投函や配布を行なおうとした場合、このカメラに写ることを嫌います。
その為、防犯カメラが設置された部分への怪文書の配布や投稿は控える傾向にあります。

そこで、探偵流の証拠撮影は、あたかもカメラというものは使わず、周りに同化するように偽装をしたり、一見しても分からないように小型カメラを使い、無人で監視を行います。

その結果、怪文書の犯人は、カメラで撮影されていることを知らず、犯行を行うので、証拠が得られると言うことになります。

また、犯人が自家用車や自転車で怪文書を投稿しに来た場合、犯行を目の当たりにしても、その人物をその時点から追跡し、身元特定をしなければなりません。

■ 怪文書で悩まないためにも探偵の力を借りよう

前述の通り、怪文書による問題を解決する為に、探偵を使うというのは解決策の1つです。
調査の専門家、探偵ならではの追跡技術や撮影技術は、怪文書の犯人を特定したり、犯行現場を押さえたり、犯人の居住先や生活背景など調べるのには不可欠です。

では、その探偵を選ぶポイントとしては、やはり怪文書対策に対して実績がある探偵社が好ましいと考えます。

探偵社の中には、浮気調査を専門にしていたり、企業調査を専門にしたりと各社の特色があります。
外食業というカテゴリーで例えるなら、ラーメン専門店、牛丼専門店などのようなものですね。

つまり、同じ業界の中でも、扱う商品やサービスが異なると、専門分野から外れてしまいます。
その為、「あー、ラーメン食べたかったのに、牛丼か。なんか違うんだよね」というシチュエーションに陥ってしまいます。

探偵業も同様で、どこの探偵社も同じと言うことは無く、怪文書問題の解決を何度も行った結果、専門性も持てるようになり、そして解決実績の積み重ねをしていきます。

なので、怪文書に悩んで、問題を解決したいと思ったら、怪文書に対する経験や知識、手段を詳細に伝えられている、怪文書対策を強みにもっている探偵社に相談、依頼をされることをお勧めします。

■ 探偵が遭遇した怪文書問題

探偵に寄せられる相談や依頼の多くは、浮気調査と言っても過言ではありません。
一般的に、浮気調査の依頼者は妻であることが多く、夫の浮気の証拠を押さえたい、浮気相手の身元を特定したいという思いで依頼に至ります。

しかし、怪文書に対する調査依頼は、特殊です。
怪文書で悩む相談者、依頼者というのは、浮気相手側が多いのが特徴です。
話を詳しくお聞きすると、交際相手は同じ会社の社員で、職場不倫という現状が浮かび上がってきます。そして、夫の行動を疑った妻は、夫の素行調査を行い、浮気相手である相談者を特定しているといる可能性が高いというわけです。

妻の思いからすれば、夫との幸せな家庭生活を壊した浮気相手である相談者に、怒りなど壮絶な感情を抱くことになり、それが嫌がらせへと発展します。

そして、限られた人物にしか知ることの無かった内容を、怪文書という形で、関係各所に送付するという嫌がらせに転じます。

相談者からすれば、自宅や実家のみならず、会社や取引先、インターネット上のサイトへの書き込みなど、あらゆる場所で嫌がらせを受け、また赤の他人も怪文書の内容に便乗することで、嫌がらせの範囲は拡大・急増していくのです。

こうなると、切っ掛けを作ったのは相談者自身の職場不倫だったわけですが、妻側の怪文書による嫌がらせが度を超せば、刑事事件に発展することも少なくありません。

つまり、職場不倫で社員同士の浮気の場合、妻側に知られたことで、浮気相手のみならず、夫自身の信用も失墜させることになり、また家庭崩壊への一途を辿ることになります。

お手元に届いたその怪文書。もしかしたら、浮気をされたと怒り心頭の妻側からの嫌がらせかもしれません。

■ 怪文書で被害を拡散しないために使える探偵のテクニック

怪文書に対して、問題を解決しようと思った時、必要な事は犯人の特定、犯行現場の証拠撮影の2点が最重要課題です。
そこで、ご自身で出来ることは限られていますが、お伝えします。

前提が、ご自身の自宅に投函や配布、張り紙をされる場合であれば、敷地内に監視カメラを設置し、次回以降の犯行現場や犯人像の撮影に備えます。

怪文書を配布した犯人は、あなたの状況を様子見しています。
そして、思ったほどの影響が無いと判断した場合、第2波第3波となる怪文書を配布してきます。

その配布がポスト投函なのか、玄関への張り紙なのか、その犯行方法にあわせて、カメラの設置を行います。

また、一回目の怪文書が何時頃に届けられたかという、時間帯も重要です。

この時間帯が、深夜なのか、早朝なのか、はたまた日中なのか。
犯人の生活時間帯が垣間見えます。

また、その時間帯にあわせてカメラも選定しなければなりません。

夜間であれば、暗闇でも撮影できるカメラというように。

その他にも、気象条件に耐えうることが出来るか、長時間の撮影が出来るか、電源の確保が出来るか、人感センサーが付いているのか、など、選定ポイントがいくつかありますが、ご自身で出来る範囲のことは、自宅内からビデオカメラなどを使い、レースのカーテン越しに犯行現場を撮影し続けると言った方法が無難です。

怪文書の犯人は、カメラが設置されていることに気がつけば、他の手法や配布先の変更などを行うようになり、さらなる被害の拡散に繋がってしまいます。

ここは無理をしないで、調べられる範囲のみに絞って、行うことがよいでしょう。

■ 探偵以外にも頼りになる怪文書問題の専門家達

怪文書に対して対抗して行くには、専門家の力が必要になる場合もあります。

弁護士や警察と言った直接問題を解決する為に、関わる職業の方も居れば、
怪文書に悩んで、心の状況をよくするために、カウンセラーや心療内科という選択肢もあるでしょう。

一人で悩み、機能不全に陥ってしまうよりも、信頼できる方に心配事を話すだけでも、問題解決の一歩へと繋がります。

■ 終わりに

怪文書に対して、探偵が出来ること、メリット・デメリット、探偵流の解決への考え方などをお伝えしてきましたがいかがでしたか?
探偵にお願いしたからと言って、すぐに解決出来ると言うわけではありません。

しかし、一人で悩んで過ごし、不安に怯えながら次なる攻撃に備えるというのは、一人では難しいことでしょう。

そのようなとき、解決へ導いてくれたり、心の支えになってくれるとしたら、どれだけ心強いことでしょうか?

スプラッシュでは、怪文書対策について、調査を行って、犯人を特定、犯行現場の証拠撮影をするだけではなく、その結果を得られるまで、そしてその結果を得られた後の本当の解決に向けて、寄り添うことをお約束します。

もし、今、怪文書に悩まれていて、大変な状況でしたら、まずはご相談のお電話(0120626463)を下さい。

あなたに向けて、最善の方法をお伝えします。