怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書の犯人探しを諦める人々

怪文書が届いた時、あなたは誰に相談しますか?

夫や妻と言った配偶者
恋人

兄弟
親友
上司
弁護士
警察

いろんな人に相談出来るかもしれませんが、怪文書の特性上、誰にも同断出来ない内容が書かれていると言うことあります。

怪文書に、自分が犯した不法行為が記されていた
怪文書に、自分しか知り得ない秘密の内容が記されていた
怪文書に、大切な人を傷つけてしまうような内容が記されていた

など、このような内容が記されていれば、無闇にその話を広めたくないという気持ちから、誰にも言えないという状況に追い込まれてしまうのです。

その結果、怪文書が1度で終わらず、何度も届く事態になっても、誰にも言えず一人で不安に怯える日々。

周りの誰かが犯人であると思いながらも、誰かを突き止めることも出来ず。

そして、いつの間にか、誰もが犯人に見え、人間不信となってしまう。

負のスパイラルから抜け出せなくなることで、日常生活もままならない状況に陥ってしまうのです。

怪文書による攻撃はいつかは止むだろう。
そう思われ、静観していれば、と、犯人探しを諦める方がいます。

しかし、その犯人探しを止めても一向に怪文書が届かなくなるということはありません。
それは、怪文書を送ってきた犯人の目的が達成されていないから。

犯人の目的は、それぞれですが、職場を辞めさせたい、引っ越しをさせたい、そして人生を破綻させたい。と言った願望を抱いています。

あなたが犯人探しを止めたからと言って、怪文書が届かなくなるわけではないのです。

犯人が満足する結果になるか、それとも怪文書の犯人を突き止め止めさせる方向に持って行くか。

怪文書が届かなくなるにはどちらかになります。

今すぐ、怪文書が届くのを止めさせたい人は、ご相談下さい。