怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書を書いた犯人の心理とは?

ある日あなたのもとに突然届く怪文書。

怪文書が届くことで、怖くなり、人は冷静ではいられなくなるものです。

 

そして、怪文書を送られた当事者だけでなく、怪文書を書いた犯人も、冷静ではいられなくなるはず。

少なくとも、怪文書を送ったことで、犯人は、送ったあなたに書いたことが自分自身だとばれていないかと思い、どきまぎとした思いを抱いていることでしょう。

今回は、そんな怪文書を送った犯人の心理について詳しく解説をしていきたいと思います。

 

犯人はどうして怪文書を送ろうと思ったのか?

そもそも、どうして犯人は怪文書を送ろうと思ったのでしょうか?

怪文書を送った犯人の細かな理由は人それぞれに異なるものがあると思いますが、全てに共通して言えることもあります。

犯人は、怪文書を送るほど、当事者であるあなたに強い悪意を抱いており、嫌がらせをすることで、あなたが不快な気持ちや嫌悪感を抱くことを願っているということです。

怪文書の後ろに見え隠れする犯人の心理は、怖く、執念深いものがあるといえるでしょう。

 

怪文書を送った犯人はどのような心理を抱いているのか?

怪文書を送った犯人は、どのような心理を抱いているのでしょうか?

犯人の心理には、犯人にしか分からないさまざまなものが渦巻いていることでしょう。

怪文書から見え隠れする犯人の心理状態には、

・怪文書を送った犯人が自分だとばれることを恐れている

・怪文書を送った相手が、困惑し、動揺するのを見て楽しんでいる

・怪文書によって、相手が辛く、苦しい思いをすることを願っている

などがあります。

 

怪文書を送ったことが、公になり、ばれることを犯人は恐れている一方で、怪文書を送った相手の反応を見たいといった気持ちがどこかにあり、相手が苦しみ、辛い思いをすることを望んでいるといえるでしょう。

 

怪文書を送った犯人を特定するには?

怪文書を送った犯人を特定する方法は、怪文書の内容や事態の大きさによって変わってくるものです。ここからは、怪文書を送った犯人を特定するための具体的な方法をご紹介します。

 

警察に相談する

もしも、怪文書の内容が、「死」「殺す」などといったものであり、命の危険を感じるようなものであった場合は、すぐに、警察に相談に行くべきだといえます。

警察に相談へ行く際は、送られてきた怪文書を見せるとともに、怪文書が送られてきた日時や最近の身の回りでの変化など犯人を特定するヒントになるようなものはないかどうかを事前にしっかりと考え、詳しく伝えていく必要があります。

そして、警察は、怪文書の内容によって危険度合いを判断するため、怪文書によって積極的に動いてくれるかどうかが変わってきます。

こちらが、怪文書に対していくら危険性を感じていても、警察が動いてくれないということはよくあること。しかし、警察に相談しておくのと、しないのとでは大きな違いがあるといえ、警察に相談しておくことで、何かあった場合に情報が入ってくることも時にあるでしょう。

身の危険を感じる場合は、すぐに警察に相談することがおすすめです。

 

探偵に相談する

警察に相談することと並行していきたいのが、探偵に相談するということです。

探偵は、調査を専門とした調査のプロといえる存在。

そんな探偵に相談することで、事態が解決に大きく前進する場合も多く、探偵に相談することは、怪文書の犯人特定におすすめの方法といえます。

 

もしも、怪文書のことを誰にも相談できず、一人悩み、辛い思いを抱えているという方は、是非、探偵ご相談ください。

怪文書対策の専門家が、犯人特定に向けてしっかりとあなたの相談に乗ります。

探偵と一緒に問題に立ち向かい、解決に向けて前進していきましょう。