怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書が送られてきたら、、、最初にすべき行動とは?

怪文書が送られてきたら、あなたはどうしますか?

怪文書に対して最初にすべき正しい行動をあなたは知っていますか?

 

「封筒を開けると、便箋に嫌がらせのような言葉が沢山書いてあった」

「ハガキに一言、死という言葉が書いてあった」

 

などといった怪文書が送られてきた時、多くの人は慌てて、冷静ではいられなくなるでしょう。

怪文書を送った相手が誰だろうと周りの人が次第に怖くなり、自分以外の誰も信じられなくなるなんていうこともあるかもしれません。

 

しかし、怪文書の存在に怯え、誰にも相談せず、家で一人悩みを抱えていても、問題は一向に解決には向かってはいかないといえます。

怪文書が送られてきた時、あなたは、正しい対処をすることが大切。

今回は、怪文書が送られてきた時に最初にすべき行動についてお話しをいたします。

 

怪文書ってどんなもの?

「怪文書とはどういうもののことをいうの?」

などと聞きなれない怪文書という言葉に、このような疑問を持つ人も多いでしょう。

怪文書とは、書いた人が不明の文書のことを言い、パソコンや新聞、雑誌の切り抜きなどを使い、文書を特定されにくくしてあるのが特徴。

内容は、陰湿で身の危険を感じるような怖い内容も多く、怪文書が送られてきた当事者は、怪文書の存在に怖さを感じるでしょう。

 

怪文書が送られてきた時の最初にすべき3つの行動とは?

ここからは、具体的に、「怪文書への心当たり」「信頼のおける人に相談する」「探偵に相談する

」の怪文書が送られてきた時の最初にすべき3つの行動についてみていきたいと思います。

 

怪文書に心当たりはないかを考えてみる

怪文書が送られてきた時、まず最初に、怪文書に心当たりはないかを考えてみます。

「最近、誰かに恨みを買うようなことはなかっただろうか……」

「知人や友人の中で怪文書を送るような人物はいないだろうか……」

 

などと怪文書に心当たりがないかを考えていくことで、次の行動を起こしやすくなることも多く、解決への第一歩となることも少なくありません。

 

怪文書が送られてきたら、まずは、怪文書に心当たりがないかどうかを考えるために、どんな些細な事でもよいので、最近あなたの周りで起こった出来事や気になることをノートに書き出していきましょう。ノートに書き出す際は、出来事や気になることに関連付け、心当たりのある人物についても一緒に書いていきます。

 

ノートに書き出していく方法は、今までは気づかなかったような心当たりが見つかることも多く、頭の中も次第に整理されていく方法です。怪文書に対して心当たりがないかどうかを考え、ノートに書き出していくとよいでしょう。

 

信頼のおける人に相談をする

怪文書に対する次の行動として信頼のおける人に相談をしていきます。

誰かに相談することで、あなたの抱えている辛い気持ちが楽になることも多く、周りにいる信頼のおける人に相談をしていくことがおすすめです。

ここで注意したいのが、相談する相手に少しでも不安を感じる場合や相談したいと思えるような相手が周りにいない場合は、無理に誰かに相談をしないということ。

 

相談したいと思えるような信頼のおける相手がいる場合はよいですが、相談したいと思えるような相手があなたの周りにいない場合、相談してしまうことで、怪文書の内容を周りに言いふらされ、あなたのことを余計に詮索されてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、相談する相手は、信頼のおける人と決め、いない場合は無理に相談することはしないほうがよいといえます。

 

探偵に相談する

相談する相手がいない場合や信頼のおける人に相談してみても事態が一向に解決に向かわない場合などは、プロである探偵に相談することがおすすめ。

探偵は、これまでにもさまざまな事例を解決に導いている調査のプロと言える存在です。

探偵に相談することで、解決に向けてこれからあなたがすべきことが見えてくることも多く、また、怪文書とは関係のない第三者に相談することで、あなたの気持ちが楽になることも。

 

探偵というと、怪しいなどといったイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、実際の探偵は、しっかりと相談に乗ってくれ、親身になってくれる地域の頼れる存在ともいえるものです。

 

ここは、一度、信頼のおける探偵に相談をし、一日も早く問題を解決に導いていくことを考えいくとよいでしょう。

 

怪文書は、放っておくことで、事態が深刻化し、事件などの大きな問題に発展していくケースも少なくありません。

事態が深刻化する前に、行動を起こし、あなたの大切な未来を守っていかなければなりません。

迷っているという人や悩んでいるという人は、是非、探偵にご相談ください。

怪文書の担当者が親身になって、あなたのご相談に乗ります。

怪文書の問題解決に向けて、探偵と一緒に考え、行動を起こしていきましょう。