怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書と誹謗文章との違い。被害を受けた時にできること

ミステリー小説やドラマでお馴染みの怪文書は、新聞を切り貼りしたもので、意味不明の不気味なものというイメージがある方が多いですが、怪文書には様々な種類があり、2つの特徴があります。

 

そこで今回は、怪文書と誹謗文章との違いや、怪文書被害を受けた時にできることをご紹介いたします。

 

 

 

怪文書とは?誹謗文章との違い

怪文書は差出人不明、あるいは架空の名前を語って犯人が特定されないように工夫された手紙のことで、指紋や筆跡などが特定されないように、近年ではパソコンやスマホで怪文書を作成して印刷しているケースが多くなりつつあります。

 

また、怪文書には告発文のように事実が記されているケースもあれば、事実無根の情報が記されているケース、さらには意味不明な単語などが羅列されているだけのケースなど、様々な怪文書があります。

 

怪文書の特徴は、

  1. 差出人が特定できないように工夫されている
  2. 受け取り手に明確な悪意を抱いている

 

以上2点が特徴となります。

 

怪文書と似た物で誹謗文書というものがあり、これらは同じものだと混合されてしまいがちですが、明確には意味が異なります。

 

誹謗文章とは、怪文書と同じく差出人不明のケースが多いですが、書かれている文章で特定の人や団体を中傷して傷つけることを目的としています。

 

 

怪文書に魅了される人々

怪文書は、昔からミステリー小説の題材とされるなど、時代を超えて人々の興味を惹きつける実にミステリアスな存在です。

 

怪文書を受け取った人は言い知れぬ不安や恐怖を感じ、今すぐにでも怪文書を破り捨てたい衝動に駆られると思いますが、近所や勤め先の会社にばらまかれた怪文書は、人々の興味を惹きつけます。

 

事実ではないことでも、噂話となって様々な脚色が付け加えられてあっと言う間に近所や社内で広がるため、怪文書を受け取った人は精神的な苦痛を受けることも珍しくありません。

 

ですから、怪文書は放置せずに犯人を特定するべきなのです。

 

では、怪文書を受け取ったらどうすればいいのでしょうか?以下では正しい方法をご紹介いたします。

 

 

怪文書の被害にあった時にできること

怪文書の犯人を特定するには、怪文書に使用された紙や筆跡・インクや紙の種類・消印などが必要となります。

 

怪文書そのものが豊富な資料となるため、怪文書を受け取ったら、破ったり捨てたりせずに大切に保管することが大切です。

 

怪文書を受け取った次にできることは、冷静になって読むことです。

 

 

これらの情報は、怪文書を送り付けた犯人の心理を紐解く重要な情報となるため、冷静に読み進めることが大切です。

 

怪文書の保管、怪文書を冷静に読む、この2つのことができた次は、怪文書専門の探偵業者に犯人特定の依頼をします。

 

どうして警察や弁護士に相談ではないのかと言うと、警察は事件が起こらなければ動くことができず、また弁護士も犯人が特定されていなければ訴訟準備を行うことができません。

 

見えない敵を見つけることが、怪文書の犯人捜しにはまず必要です。

 

スプラッシュは怪文書を専門とした探偵業者で、突然の怪文書に悩んでいるあなたに、あなたが納得できる、あなたが望む結果を提供できるように努めます。

 

 

スプラッシュの怪文書解決方法

  1. 犯人の特定
  2. 犯行現場の証拠撮影
  3. 怪文書から指紋鑑定(委託業務)
  4. 犯人にまつわるバックグラウンドの情報収集
  5. 警察への相談立ち合い
  6. 犯人との示談交渉時のアドバイス
  7. 弁護士紹介

 

スプラッシュでは、この一連の流れであなたが望む解決まで導くことが可能です。

 

怪文書一通で、あなたの生活はガラリと変わり、周囲の人が全て敵に見えてしまうという人も少なくありません。

 

疑心暗鬼から冷静な判断が下せなくなっている時こそ、怪文書対策のプロへ相談することをおすすめします。

 

 

まとめ

怪文書は誹謗文書と混合されてしまいがちですが、同じ差出人不明の文章でも、怪文書は相手を困惑させるという意思が。誹謗文章には相手を傷つけたいという意思が潜んでいます。

 

怪文書を近所や勤め先の会社などでばらまかれたり、貼りつけられたりした場合、近所の人や同僚・上司・部下との関係が悪化するだけでなく、あらぬ噂話であなたの評価を落とされてしまいます。

 

だからこそ、怪文書の犯人は特定するべきです。

 

スプラッシュでは、あなたが希望する方法で解決する方法を提案することができる他、弁護士の紹介や警察への相談の立ち合いなどサポートが充実しているので安心。

 

突然の怪文書にお困りの方は、ぜひスプラッシュまでご相談ください。