怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書の告訴5つの事例!犯人に法的措置を

「怪文書」は匿名の文書です。

差出人は誰か分からないけれど、侮辱の手紙が届いた。

「夫が不倫している、と近所に張り紙がされている。」

「ネット上で、悪意のある口コミが執拗に書き込みされる。」

あなたやあなたの家族は不安になるでしょう。

「犯人が分からないから、泣き寝入りするしか無い。」と考えていませんか

信頼できる専門家に依頼し、送信者を見つけ出しましょう。

この記事では、告訴を行った事例を5つ紹介します。

「怪文書」の被害にあったなら、手続きを始めてはいかがでしょうか。

「怪文書」も告訴可能

「怪文書」を受け取る側にとっては、大きなダメージになり得ます。

条件を満たせば、名誉毀損・侮辱・脅迫・信用毀損罪・業務妨害罪などの罪に当たります

「怪文書」の保管をし、プロに依頼して犯人の特定を急ぎましょう

捜査機関に報告し、犯人には相応の罪を償ってもらうのです。

刑事告訴するには告訴状が必要です。

以下のような項目で、「怪文書」の被害を記載しましょう。

・時間(1ヶ月で2回など)

・犯人(誰が送信したか)

・内容(どんな文面を記載したか、郵送やメールといった手段など)

ご自身で書くことも出来ますが、

スムーズに受理してもらうため、弁護士に作成依頼したほうが良いでしょう。

告訴に至った5つの事例を紹介します。

事例①約2,000通の「怪文書」を送付

2019年2月、名誉毀損の疑いで建設業界に関わる4名が逮捕されました。

取引先らに合計6回、約2,000通の「怪文書」を郵送したのです。

内容は、特定企業の産業廃棄物についてです。

「とある会社が不法投棄している」という誹謗中傷が書かれていました。

同業他社を追い詰めるため、営業妨害として行っていた模様です。

おそらく刑事裁判に進むと予想されます。

事例②「怪文書」・プライベート写真の配布

沖縄県石垣市の市長・中山義隆氏が告訴状を提出しました。

2016年6月のことです。

沖縄島内でのゴルフ場建設について、トラブルが発生していました。

時を同じくして、「怪文書」と写真が、100枚ほど出回りました

「台湾へ視察した際に、いかがわしい行為に及んだ」という文面です。

写真4枚には、上半身裸の女性と中山市長が写っていました。

中山市長は会見を開き、名誉毀損で訴えることを明らかにしました。

写真の男性は本人ではあるが、市長就任前の出来事とのことです。

公費の使用は無く、完全にプライベートでした。

このように事実を捻じ曲げ公開された事に対し、名誉毀損に当たると判断したのです。

犯人は自分の思い通りにさせようと、「怪文書」を利用したのでしょう。

事例③ 「怪文書」で選挙前の大ダメージを狙う

奈良県の桜井市長選は激戦です。

2011年、出馬予定の松井正剛氏に関する「怪文書」が配布されました。

虚偽が記されており、著しく傷つけられる文面だったとのことです。

選挙区内で、各家庭のポストに入っていました。

不特定多数の目に触れたことでしょう。

名誉毀損で桜井警察署に告訴し、受理されています。

選挙や派閥争いのシーンでは、差出人不明の「怪文書」がよく使われます。

事例④ 「怪文書」の濡れ衣を着せる

埼玉県議会議員の菅克己氏も、「怪文書」に悩まされていた一人です。

2014年1月8日、公式ホームページで発表を行いました。

川口新市庁舎の建設計画に関わった人物を誹謗中傷する文書が、市内の住民に届いていたのです。

厄介なことに、菅氏を連想させるような団体名で発行していました。

自身にとっては寝耳に水であり、卑劣なやり方は許せません。

差出人不明の「怪文書」を利用し、悪者に仕立て上げようとしたのでしょう。

菅氏は、告訴の手続きを行ったようです。

事例⑤競合が「怪文書」で陥れる

FAXによる「怪文書」が、運送業界を揺さぶりました。

ある会社のドライバーを名乗り、内部告発の体で中傷している内容でした。

・労働時間の超過は当たり前、残業代は未払い

・社長は会社の金を使って遊んでいる

・ブラック企業を取り締まってほしい

このような書面で、コンビニのFAXから送信されていました。

様々な取引先・関係者が「怪文書」を受け取った翌日、労基署が監査に来ました。

しかし、すべては嘘。

社内の犯行では無いことを確認し、地元警察に告訴を提出しました。

後ほど分かったことですが、差出人はライバル企業だったのです。

まとめ

「怪文書」で告訴に至った過去の事例5つを紹介しました。

嘘を並べたり、プライベートの写真がばら撒かれたり、種類は様々です。

文面は違えど、特定の人物への精神的・社会的ダメージを狙っている状況は同じです。

決して犯人を許してはいけません。

専門家に協力を依頼し、差出人を見つけ出すことが重要です。

そして、警察に告訴状を提出するのです。

「怪文書」で困ったら、法的措置を検討しましょう。

 

当社スプラッシュジャパンの「怪文書対策コンサルティング」は、あなたに寄り添います

証拠を集め、犯人を特定し、問題の解決へと導きます。

本気で「怪文書」問題に取り組みたい方のみ、お問い合わせください。