怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書は怖い!黙っていてはいけません

家や会社などに突然送られてくるようになる怪文書。

「家の郵便受けに怪文書が届くようになった……」

「会社のFAXに怪文書が送られてきた……」

などといった怪文書があなたに届いたことをきっかけに、あなたの生活が一変してしまうことも少なくないでしょう。

 

怪文書が届いた時、いつか終わるだろうと楽観的に考えていては、危険。怪文書は、エスカレートしていくと事件などに発展していく可能性もあり、早期に対策を考えていく必要のあるもの。

今回は、犯人の狙いや対策法など怪文書について詳しく解説をします。

 

怪文書を送る犯人の狙いとは?

犯人は、どのような狙いがあって怪文書をあなたに送っているのでしょうか?

「元彼女が、彼氏を忘れられず、今の彼女であるあなたのことを恨んでいる」

「元彼氏があなたと別れたことに納得がいっていない」

「職場での同僚が、あなたの出世に嫉妬している」

「仲の良かった友人が、あることをきっかけにあなたと不仲になり、それを恨んでいる」

など怪文書を送る犯人の狙いには、人によってそれぞれに異なる理由があるでしょう。

しかし、共通して言えることも。それは、恨んでいて、何らかの形であなたを困らせたいという気持ちがあるということ。

犯人は、「死」という言葉や人を傷つけるような言葉、人には話したくない過去の話やありもしない話などを怪文書に書きます。そして、怪文書を手にしたあなたが、恐怖心を抱いたり、困ることを望み、嫌がらせをしてくるのです。

 

怪文書を送られてきたら、黙っていてはいけない?!

怪文書を送られてきた時、あなたは、絶対に黙っていてはいけません。

実際に、怪文書は、いつか終わるだろうと考えてしまう人も多いですが、犯人は、あなたの反応をどこかで見ていたり、あなたが怖がる姿を喜んでいることもあるかもしれません……

そして、あなたからの反撃がないことをいいことに、更なる恐怖心を与えようと嫌がらせがだんだんとエスカレートしていきます。怪文書だけでは終わらず、ストーカー行為、電話による嫌がらせ、SNSでの誹謗中傷など大きな問題に発展していくことも考えられます。

怪文書が送られてきたら、あなたは、すぐに行動をしていくことが大切であり、どのように行動をすべきであるのかしっかりと考えていかなければなりません。

怪文書が送られてきたら……どこへ相談する?

そもそも怪文書が送られてきても、どこへ相談すればよいのか分からないといった悩みを抱えている人も多いものです。

まず、怪文書が送られてきたら、安易に周りにいる人に内容を話すことは危険といえます。もちろん、家族や友人など信頼のおける人に相談することは、問題のないこと。

しかし、誰にでも話してしまうことは危険であり、どこから犯人にあなたの情報が洩れるか分からず、また、あなたの周りにいる人が犯人である可能性もあります。

そのため、怪文書が送られきた場合は、第三者の自分の問題とは関係のない人に相談することが得策といえるでしょう。

 

探偵に相談する

怪文書が送られてきたら、探偵に相談することがおすすめ。

探偵は、調査のプロと言える存在であり、怪文書に関する相談や事例これまでに多く取り扱ってきています。

もし、あなたが、誰にも相談できず、悩んでいるというなら、是非一度、探偵に相談をしてみてください。

探偵に相談することで、抱えていたあなたの悩みが軽くなることもあり、解決に向けての糸口が見つかることも多くあるでしょう。

探偵社では、怪文書の担当者が、あなたの悩みに親身になって話を聞きます。

どうしていけばよいのか最善の策を探偵と一緒に考え、怪文書に立ち向かっていきましょう。