怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書の対処法一覧。犯人特定やサイトで受け取った場合など

突然 怪文書を受け取った場合、今すぐに破り捨てたくなる方が多いですが、怪文書には正しい対処法があります。

 

しかしこの対処法は、怪文書を受け取った状況や作成された目的ごとに対処方法が異なるので、怪文書と冷静に向き合うことが大切です。

 

では、怪文書の正しい対処法や特徴・犯人の特定方法などはどのようなものなのでしょうか?

 

この記事では、怪文書にまつわる様々な有益な情報をまとめています。

 

 

怪文書とは?

小説や漫画に登場する「怪文書」は、皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 

現実で突然送られてくる怪文書の特徴と過去に実際にあった事例、あなたがもし怪文書を受け取った時にできる正しい対処法を紹介しています。

 

1:怪文書 用語.doc

 

 

怪文書の特徴

「差出人不明で内容も支離滅裂で不気味」怪文書と聞くとこのようなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

 

実際にこのような怪文書も存在していますが、作成された目的から、一定の特徴が怪文書には存在しています。

 

この記事では、怪文書の特徴と怪文書を受け取った時にできる5つの対処法をご紹介しています。

 

4:怪文書 内容.doc

 

 

怪文書と誹謗文書の違い

怪文書と類似した文章で、「誹謗文書」というものがあります。

 

怪文書と誹謗文書はよく似ていますが、作成された目的が違うので、犯人を特定する方法や無視すべきか、慎重に対処すべきか異なります。

 

では、怪文書と誹謗文書の違い何なのでしょうか?被害に遭った時の正しい対処法と一緒にご紹介いたします。

 

3:怪文書 辞書.doc

 

 

犯人を特定する方法

誰が何の目的で怪文書を送ってきたのか分からない。こうした場合、どのようにして怪文書の犯人を特定するのでしょうか?

 

怪文書が届けられた方法や作成された方法などから、犯人を見つけ出す方法をご紹介いたします。

 

2:怪文書 人.doc

 

 

怪文書の正しい情報を得る方法

怪文書を受け取った場合、少しでも有益な情報を得たいとインターネット上で検索する方が多いでしょう。

 

しかし怪文書というマイナーな情報は少なく、個人がまとめているサイトの情報は「結局どうすればいいの?」と困惑するような情報ばかり…。

 

この記事では、怪文書の正しい情報を得る方法についてまとめています。

 

7:怪文書 情報.doc

 

 

怪文書が届いた時の対処法

怪文書が届いた時、言い知れぬ恐怖や不安から怪文書を破り捨てたくなる方が多いですが、怪文書を受け取ったら正しい対処法で怪文書と向き合うことで、犯人を特定する手がかりを得られるかもしれません。

 

この記事では、犯人特定に必要な情報を得るためにできる正しい対処法を紹介しています。

 

8:怪文書 方法.doc

 

 

本に怪文書が挟まっていた時の対処法

フリマアプリやネットオークション・ネット通販などで購入した古本から、意味不明な怪文書が挟まっていたと、一時SNSを中心に話題となりました。

 

この場合、怪文書は放置しても良いのでしょうか?

 

怪文書には、受け取った状況などから放置しても良いケースと、慎重に対処すべきケースに分かれます。

 

この記事では、怪文書を受け取った状況ごとに正しい対処法をまとめています。

 

5:怪文書 本.doc

 

 

自分のアカウントに怪文書が送られてきた時の対処法

時代の変化と共に、怪文書の姿が変わってきています。

 

インターネットが普及し、誰もがスマートフォンやパソコンを持つようになってからは、SNSやメールのアカウントを利用した悪質な怪文書が出回るようになりました。

 

この記事では、自分のアカウントに怪文書を受け取った時の対処法と、怪文書から自分のアカウントを守る方法をまとめています。

 

6:怪文書 アカウント.doc

 

 

会社や自分のサイトに怪文書が送られてきた時の対処法

「○○は前科者」「○○は多重債務者」といった、事実の有無とは関係なしに、このような怪文書を受け取った場合、犯人はどのような罪に問われるのでしょうか?

 

また、サイトに怪文書を受け取った場合は、どのような方法で対処すればいいのでしょうか?

 

この記事では、サイトに怪文書を受け取った時の正しい対処法を紹介しています。

 

9:怪文書 サイト.doc

 

 

怪文書の犯人特定はスプラッシュにご相談ください

怪文書が届いたら、警察や弁護士に相談するという方が多いですが、警察は実際に事件が起きなければ動くことができず、また弁護士も犯人が特定できなければ訴訟準備をすることができません。

 

そのため、怪文書の犯人特定の相談は、怪文書を専門に扱う探偵に依頼します。

 

スプラッシュでは、怪文書の犯人特定に関してあなたが望む解決方法を、豊富な経験からいくつもご提案することができます。

 

怪文書の犯人は写真を撮って特定しておしまいではありません。

 

平穏な日常を取り戻すために、スプラッシュでは警察への相談立ち合いや、怪文書に強い弁護士の紹介、犯人との示談交渉時のアドバイスなどアフターサービスを大切にしています。

 

「突然怪文書を受け取って途方に暮れている」という方は、まずはスプラッシュにご相談ください。