怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

【有名人の自殺】誹謗中傷・怪文書「気にしない」は解決にならない?

竹内結子さん、芦名星さん、三浦春馬さん。

悲しいことに、2020年は有名人の自殺が相次ぎました。

特にプロレスラーの木村花さんはSNS上で誹謗中傷を受けていたとされており、大きな話題になりました。

誹謗中傷や怪文書といった言葉で、人は簡単に追い詰められます。

今回は木村花さんの自殺経緯や、自殺を止めるためにできることをまとめました。

木村花さん誹謗中傷で自殺へ

木村花さんは2020年5月23日、遺書を残してこの世を去りました。

リアリティ番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーです。

番組の演出としてヒールに徹していたのですが、プロレスに馴染みのない若い世代にはただの”嫌な女”として映っていたのでしょう

以前から番組出演時の言動をめぐってSNS上で誹謗中傷や根も葉もない噂・怪文書が出回っていました。

そのせいで精神状態が安定せず、Instagramには「愛されたかった人生でした」のコメントとともにリストカットした腕の写真を投稿するなどしていました。

「気にしなければいい」は解決になるか?

ネット上の誹謗中傷について、「気にしなければいい」とアドバイスする人もいます。

しかし本当に自分自身が悪意のあるコメントを投げかけられたとき、気にしないでいられるでしょうか?

状況がひどい場合、悪い評判を信じた人達が離れていき、怪文書が届き、匿名の電話が鳴り続けます。

そんな状況で精神を保っていられる人はいません。

ネットは差別・批判・嫌がらせが簡単にできてしまいます。

書き込む際は言葉が凶器になることを頭に入れておきましょう。

また、ネット上の誹謗中傷を受けている人に対しては「気にしなければいい」ではなく、「つらいよね」「警察や探偵に相談しよう」と声をかけてはいかがでしょうか。

誹謗中傷を見つけたらどうすべきか?

現状、書き込み程度では警察は動いてくれず、我慢するケースがほとんどでしょう。

強く中傷された被害者は損害賠償などを訴えることはできますが、相当な時間とお金が必要です。

解決までに精神的に病んでしまうかもしれません。

まずは探偵に依頼したほうが早く動いてくれます。

探偵でも削除できるかの確認や犯人の特定も可能ですので、ネットトラブル解決へ導きます。

まとめ

最近は有名人の自殺ニュースをよく目にしますが、一般人の自殺者数も増加傾向にあります。

それは新型コロナウイルス感染症の影響でみんながストレスを抱え、ネット上に悪意をぶつける機会が増えたからではないかと考えます。

誹謗中傷や怪文書・嫌がらせを「気にしなければいい」と軽く考えないでください。

あなたの大事な人が命を捨てるべきか苦しんでいるかもしれません。

名誉毀損や誹謗中傷・怪文書で悩んでいる場合は当社スプラッシュジャパンにご相談ください。

「怪文書対策コンサルティング」では証拠を集め、犯人を特定し、問題の解決へと導きます。