怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

少子化対策の坂本哲志大臣に「不倫・隠し子」疑惑!?怪文書は事実か

日本の少子化問題は最優先課題。

2019年の出生数は史上最低の86万人台となり、「86万ショック」と騒がれました。

そして2020年、少子化対策の要として任命されたのが坂本哲志(さかもとてつし) 内閣府特命担当大臣です。

3人の子どもを持つ父親なのですが、実は「不倫・隠し子」疑惑が広まっています。

今回は坂本哲志 内閣府特命担当大臣に関する怪文書について紹介します。

15年前の「不倫・隠し子」疑惑

坂本哲志 内閣府特命担当大臣は県議時代、女好きと知られていたそうです。

約15年前、熊本県議での選挙で、すでに「不倫・隠し子」に触れた怪文書がばらまかれていたとのこと。

地元でも有名な話だそうです。

2020年、初入閣されたためか過去の騒動が今になって掘り起こされました。

坂本哲志 内閣府特命担当大臣は否定しているものの、事実確認はできていない状態です。

名付け親は坂本大臣

噂になった女性は、98年から99年にかけて議会事務局で嘱託として働いてました。

知人男性には「坂本大臣とディズニーランドへ行った」「坂本大臣との子を妊娠した」と話していました。

そして生まれた子供(女の子)の名前をつけたのは坂本哲志 内閣府特命担当大臣。

ふたりがよっぽど深い関係でなければ名付け親にならないのではないでしょうか。

坂本哲志 内閣府特命担当大臣は認知はしなかったものの、月に10万円ほどの生活費を振り込んでいたようです。

「不倫・隠し子」疑惑に真実味が増しますよね。

坂本大臣は否定するも・・・

坂本哲志 内閣府特命担当大臣は「不倫・隠し子」疑惑を否定しています。

「全く関係のないことです。」「文書で答えるようにと言われているので、直接答えられない。」と話した模様

交際相手と見られる女性も「事実はない」とのこと。

しかし当時生まれた娘は成長し、顔のパーツは坂本哲志 内閣府特命担当大臣に似る部分もあるといいます。

怪文書は真っ赤な嘘、と言い切れない状況です。

まとめ

これから、坂本哲志 内閣府特命担当大臣は少子化対策に立ち向かいます。

怪文書によれば、3人の子どもだけでなく、もう1人隠し子がいるそうです。

自身は否定するものの、子どもの名前をつけたり、毎月お金を送ったり、子どもに面影を残したりと、疑惑の目が向けられています。

隠し子が事実だとすればスキャンダルですが、怪文書は怪文書。

重要なポストに就く場合どうしても悪い噂は流れてしまうものです。

名誉毀損や誹謗中傷・怪文書に悩まれている方は当社スプラッシュジャパンにご相談ください。

「怪文書対策コンサルティング」では証拠を集め、犯人を特定し、問題の解決へと導きます。