怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

引越先の盗聴器にご用心! 仕掛けられる主なケースと盗聴器を調べる方法

カテゴリ:嫌がらせ

もともとの住み慣れた家を離れて引っ越しをし、新天地で新たな生活をスタートする!というときには、引越先の安全性や防犯についても意識しておきたいですよね。

 

引越先の物件のセキュリティ確認はもちろん重要ですし、そこについては意識できている方が多いのですが、家の中や部屋の中についてはあまり重要視されていない方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、引越先の物件自体は安全でセキュリティ対策も万全であっても、部屋の中に盗聴器が仕掛けられているようなケースは少なくありません。

 

そこで今回は、引越先で盗聴器が仕掛けられる主なケースや、仕掛けられているかもしれないと感じたときに調べる方法、また、盗聴器発見調査をすべきケースについて詳しく解説していきます。

 

盗聴されている不安をお持ちの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

Contents

引越先で盗聴器が仕掛けられる主なケース

引越先に盗聴器が仕掛けられている場合、「誰が」「何の目的で」「どのタイミングで」仕掛けたのか、とても気になりますよね。

 

盗聴器を仕掛ける状況や経緯には様々なパターンがあります。ここでは、盗聴器が仕掛けられる主なケースについて見ていきます。

 

前の住人が盗聴されていた

前の住人が盗聴の被害者で転居した時にそのまま盗聴器だけが残されてしまったというケースがあります。前の住人が恋人や元恋人、ストーカーなどに盗聴されていたのに、それに気が付かず放置して引越しした場合は盗聴器が残ったままになってしまいます。

 

三又コンセント型などの盗聴器の場合、備え付けのコンセントだと思ってそのまま使用していると、電源供給がされているので半永久的に盗聴されることになってしまいます。

 

盗聴器を仕掛けた犯人はもともと前の住人をターゲットとして盗聴していましたが、盗聴器から聞こえてくる様々な生活音をずっと聞いてしまっていると、そのうちに次の住人であるあなたがターゲットにされてストーカー化する可能性は否めません。

 

防犯上の観点からもできるだけ早く盗聴器を発見して撤去することが望ましいでしょう。

 

前の住人が退去するときに盗聴器を設置した

前に住んでいた住人が盗聴器を仕掛けた犯人だというケースもあります。

 

盗聴マニアや機材マニアなど、盗聴することそのもの関心があったり、機材に関心があったりすることで設置する場合もありますし、単なるいたずらや好奇心から設置するケースもあります。

 

また、次の入居者が女性であることを期待して設置することもあります。

 

もともと自分が住んでいる部屋に盗聴器を仕掛けるわけですから、十分に時間をかけて設置を行うことができ、その結果、細部まで聞こえるように設定して、引越した後のあなたの会話や生活音、個人情報が筒抜けという状態になってしまうリスクも高くなります。

 

大家さんが盗聴器を設置した

賃貸物件では大家さんが盗聴器を仕掛けて入居者の生活音や会話を盗み聞きしているケースもあり、過去にも大家さんが盗聴器を仕掛けたことで逮捕された事件があります。

 

特に都市部から離れた地方では管理会社を通さずに貸し出す物件も多く、そのような物件の大家さんの場合は、入居予定者の個人情報やプライベートな情報も知ろうと思えば聞き出せる立場にありますので、好意を持った相手や興味をそそられるような相手が入居するとなれば、盗聴器を仕掛けることもあるでしょう。

 

また、大家という立場は賃貸物件に対して自分の所有物という認識が強いため、「自分のものなんだから盗聴器を設置したって問題ないだろう」と盗聴器を仕掛けることに対する罪悪感のハードルが下がるというのも要因かもしれません。

 

引越し業者や不動産業者が盗聴器を設置した

引越し業者や不動産業者が部屋に出入りする際に設置するケースもあります。

 

特に賃貸物件の場合は、空き家や空き部屋になっている期間、入居希望者に見せるという名目で大家以外にも不動産業者や管理会社など様々な人が出入りしますので、興味本位で盗聴器を仕掛ける人が出てきてもおかしくありません。

 

また、引越し業者が引越しをするタイミングで手早く仕掛けることもありますので、引っ越しをする際は業者の行動を注意深く見ておくことも大切です。

 

盗聴器が仕掛けられていることが多いのはどこ?

盗聴器が仕掛けられているかもしれないと不安になったとき、せめてどこに仕掛けられている可能性があるかを知っておくだけでも気分が違ってくるでしょう。

 

盗聴器が仕掛けられやすい主なポイントは以下の通りです。

 

・コンセント周辺

・室内灯

・テレビの裏側

・エアコン

・ぬいぐるみ(引越し祝いなどでプレゼントされたもの)

 

盗聴器は、盗聴するという機能を果たすために電源を必要とするため、コンセントに設置されるケースがかなり多いです。コンセント内部に設置することで、そこから電源を供給することができるので、一度設置してしまえば撤去されるまでの期間、半永久的に盗聴を続けることができるのです。

 

とにかく電源を供給できる場所が狙われやすいので、電気と関連するものの周辺に仕掛けられるのが一般的と考えていいでしょう。

 

また、盗聴マニアなどが設置している場合、夫婦が寝る寝室も狙われやすい場所なので、寝室も不審なものがないかどうかチェックするのがお勧めです。

 

引越し先に盗聴器があるかどうかを調べてもらうためには?

春の時期は引越しシーズンですよね。当事務所にも、春になると引越しした先に盗聴器が仕掛けられているかどうか心配される方からのご相談がかなり増えてきます。

 

引越しを機に、盗聴器発見調査を依頼したいとなった場合、どこに依頼すればいいのでしょうか。

 

ちなみに、盗聴器発見器を購入すれば自力でも盗聴器があるかどうかを調べることは可能ではありますが、盗聴器発見器の使い方を正しくマスターするのは簡単ではありませんし、発見機器の種類によっては発見できずに見逃してしまう特殊な盗聴器が仕掛けられていることもあります。

 

そのため、自分で調べた結果盗聴器がないという結果になっても「本当は見つけられない盗聴器があるのではないか」「まだ盗聴されているのではないか」という不安な気持ちを払しょくしきれなくなってしまうことが多いため、できれば専門家に相談することをお勧めします。

 

引越し業者の盗聴器発見サービスを利用する

最近では引越し業者が盗聴器調査のオプションサービスを提供しているところが増えてきています。それだけ盗聴器による被害が増えていて不安に思っている方が多くなっているということですが、引越し業者による盗聴器発見サービスはあくまで「オプション」と思っておいたほうがいいでしょう。

 

たしかに、オプションサービスの盗聴器発見調査は、無料や相場よりかなり安く利用できるため気軽にお願いすることができるのですが、普段から盗聴器発見調査を行っている専門スタッフが引越し業者に常駐しているとは限りませんし、調査機器についての専門知識や盗聴器に関する専門知識がないスタッフが対応することも少なくありません。

 

あくまでオプションサービスなので、徹底的に調査してもらえることは期待できず、盗聴器の種類によっては発見できないこともあるため、どうしても不安な気持ちをすっきりさせたいという場合はあまりお勧めできません。

 

盗聴器発見専門業者に依頼する

盗聴器が仕掛けられているかどうかを徹底的に調べたいのであれば、盗聴器発見の専門業者に依頼するのがお勧めです。

 

専門の業者であれば、特殊な形式の盗聴器であっても発見器も特殊なものを所持していて知識も深いため、ほぼ確実に盗聴器を見つけ出してくれます。

 

また、発見した後も安全に撤去してくれるため発見後にまた別の業者を呼ばなければいけないという二度手間になることもありません。

 

盗聴器発見の専門業者の他には探偵事務所でも嫌がらせ調査として盗聴器発見の調査をしてくれるところが多いのでそちらも合わせて相談してみるといいですね。

 

探偵事務所であれば、盗聴器を仕掛けた犯人の特定や嫌がらせを辞めさせるためのノウハウも持っているため、その後のサポートも安心して受けることができます。

 

盗聴器発見調査をしておいたほうが良いケースとは

盗聴器が仕掛けられているかも?と不安になっても盗聴器発見調査には当然お金がかかるため、明らかに怪しいと思われる場合だけ調査したいと考える人も多いですよね。

 

この章では、「こういう場合にはぜひ盗聴器発見調査をしておいたほうがいい」という盗聴器が仕掛けられている可能性が高いケースについてご紹介していきます。

 

引越し関係の業者に明らかに距離感が近い人がいたとき

引越しをする際、大家さんや不動産屋の人、引越し業者などいろいろな人と関わりますよね。その中に、明らかに距離感が近かったり、怪しげな人がいたりする場合は注意が必要です。

 

やたらとプライベートなことを聞いてきたり、連絡先を聞こうとしてきたりする人は盗聴器を仕掛ける可能性があります。

 

特に、不動産屋さんや大家さんは合鍵を持っているのでいつでも部屋に侵入して盗聴器を仕掛けるチャンスがあります。もし、やたらと距離感が近い人がいると感じたのであれば引越しした際に発見調査をしておくのがお勧めです。

 

女性が入居することがわかっている部屋に引っ越すとき

盗聴マニアが盗聴器を仕掛けるのは、どうしても女性の部屋狙いになってしまいます。

 

そのため、その部屋に女性が引越しをしてくると最初から分かっているような場合、盗聴器が仕掛けられる可能性が高くなってしまうのです。通常の賃貸物件であれば次に誰が入居するかわからないですが、レディースマンションや女子寮、「女性に人気の物件」と謳っているようなマンションは、引越しをしてくる人の大半が若い女性なので、盗聴マニアに狙われやすくなってしまいます。

 

「セキュリティ対策が万全で安心だからレディースマンションを選んだ」という方や親御さんは多いと思いますが、盗聴器が仕掛けられやすいという点だけを考えるとそのような物件は非常に危険な場所だともいえるのです。

 

まとめ

今回は引越しした先に盗聴器が仕掛けられている可能性や危険性についてお伝えしてきました。

 

盗聴される被害は決して他人事ではなく、誰にでも起こりうる被害です。もちろん、過度に心配してノイローゼになってしまう必要はありませんが、せめて引越ししたタイミングで盗聴器についての知識を付けておいたり、盗聴器発見調査を依頼したりするのはとても良いことだと思います。

 

もちろん、引越しした後も部屋に侵入されて盗聴器を仕掛けられないように施錠など基本的な防犯対策を徹底することも大切です。

 

もし、今現在盗聴されているかもしれないという不安を抱えている方はできるだけ早く盗聴器発見調査を行い、安心できる生活を取り戻すようにしてくださいね。