怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

少子化対策の坂本哲志大臣に「不倫・隠し子」疑惑!?怪文書は事実か

日本の少子化問題は最優先課題。 2019年の出生数は史上最低の86万人台となり、「86万ショック」と騒がれました。 そして2020年、少子化対策の要として任命されたのが坂本哲志(さかもとてつし) 内閣府特命担当大臣です。 3人の子どもを持つ父親なので... 【続きを読む】

仕組まれた!?東京大学総長の改選【怪文書】

東大と言えば、日本の学校教育トップレベル。 2020年は6年に1度の東京大学総長の改選、何やらドタバタしているようです。 7通以上の怪文書が配布され、選考会議の録音も週刊誌やネットに流出。 今回は東京大学総長をめぐる泥沼試合について紹介します。 宮園... 【続きを読む】

岐阜から全国へ伝われ!「ストップ『コロナ・ハラスメント』宣言」とは

新型コロナウイルス感染症は脅威です。 しかし、感染してしまった人や医療関係者に罪はありません。 怪文書送付・車や家の破損行為・SNSや掲示板での誹謗中傷などをするのはお門違いです。 こういった嫌がらせに対して、岐阜県知事は「ストップ『コロナ・ハラスメ... 【続きを読む】

【マスク着用禁止!?】テイケイ社長”怪文書”の経緯・内容とは

2020年10月現在、街を歩く人の9割がマスクをしています。 新型コロナウイルス感染症にかからない、広めないための対策として有効と考えられているためです。 ですが、マスク着用を禁止したり、会社指定のマスクしか認めなかったりといった会社も存在します。 ... 【続きを読む】

【有名人の自殺】誹謗中傷・怪文書「気にしない」は解決にならない?

竹内結子さん、芦名星さん、三浦春馬さん。 悲しいことに、2020年は有名人の自殺が相次ぎました。 特にプロレスラーの木村花さんはSNS上で誹謗中傷を受けていたとされており、大きな話題になりました。 誹謗中傷や怪文書といった言葉で、人は簡単に追い詰めら... 【続きを読む】

こんな張り紙は嫌われる!「いきなり!ステーキ」怪文書で炎上・閉店へ

「いきなり!ステーキ」114店舗の閉店。 このニュースは2020年7月初旬、大きな話題となりました。 業績悪化の理由は新型コロナウイルス感染症だけではありません。 実は1月頃から社長の自筆メッセージが「怪文書」「上から目線」として批判を浴びていました... 【続きを読む】

姫路「怪文書」は他人事じゃない!コロナ感染経路と書かれたら

「〇〇は新型コロナウイルスの感染経路です。」 経営する会社・店舗にこのようなウソの張り紙が貼られていたら・・・。 お客さんは遠のくでしょうし、建物には中傷の落書きがされる危険性もあり、従業員の安全も保証できません。 4月1日、実際に兵庫県姫路市でコロ... 【続きを読む】

ウイルスのように拡散するコロナ怪文書

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各地で、たちの悪い嫌がらせや誹謗中傷が徐々に蔓延しています。 自粛要請に従って時間を限定し、万全の体制で感染防止を心掛けているにも関わらず、営業をしているという事だけで、その店に誹謗中傷する張り紙をする事件が多発して... 【続きを読む】

怪文書はどんな罪になる?

嫌がらせの手紙や張り紙は行為者を特定し必要十分な証拠を集めれば、警察も刑事事件として取り組んでくれますし、民事訴訟で損害賠償請求をすることも可能になります。 1 怪文書の刑事罰 ⑴ 名誉棄損罪(刑法230条) 不特定多数の人目に触れる張り紙など、社... 【続きを読む】

コロナに伴う張り紙被害が増加中!「怪文書対策に証拠は絶対条件」

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う自粛や行動制限によるストレスや、停滞して悪化の一途を辿る経済の不安から人々の心が荒みはじめ、歪んだ見方や考え方が正義や人命尊重の仮面をかぶり、各地で人権侵害や嫌がらせという問題を引き起こし始めました。 その一つ... 【続きを読む】