怪文書でお困りの方、犯人を特定されたい方向けの対策方法をお教えします

怪文書コラム
怪文書コラム

怪文書の被害に遭ったら|被害届の出し方と警察に動いてもらうコツ

ある日突然、怪文書が送られてきたら気味が悪いしびっくりしてしまいますよね。

 

家の前に怪文書が貼られていたなんてことになったら、ご近所さんの目もあるし、辛い思いをされていると思います。

 

今回の記事では、怪文書の被害に遭ってしまったとき、警察にどのように相談すればいいのか、警察にしっかり対応してもらうためにはどうすればいいのかについて解説していきます。

 

怪文書が届いて精神的に辛いと思いますが、冷静にしっかりと対処していきましょう。

Contents

怪文書についての警察への相談

ある日突然、怪文書を送り付けられる、嫌がらせのFAXが届いた、悪い噂を書いた紙を玄関に貼られるなどの被害を受けたら、警察に相談することができます。

 

どのように相談し、協力を仰げばいいのかについて説明していきます。

 

警察署や交番に出向いて相談

警察署や交番に直接出向いて相談します。その際、送られてきた怪文書や嫌がらせの手紙を持っていくといいでしょう。

 

被害に遭った内容や被害状況の詳細、そのほかわかっていることをできるだけ詳細に伝えましょう。

 

そして、これからどうするのがいいのか、その被害はどんな罪に問えるのかについて相談します。

 

警察に相談する場合、ほとんどのケースで被害届を提出することを目的にしていると思いますが、被害状況がわかりにくかったり、罪に問えるかどうか微妙だったりすると、被害届の受理を渋られることもあります。

 

警察相談専用電話#9110

もし、直接警察署に出向いて相談するのがためらわれるような場合には、警察相談専用電話に電話して相談するのもいいでしょう。

 

全国どこからでも、電話をかけた地域を管轄する警察の相談窓口につながる全国共通の電話番号です。

 

緊急性や事件性があるかどうかを判断してもらえて「警察ではどうにもできない」「すぐ警察にきて被害届を出してください」などとアドバイスをもらうことができます。

 

参考外部リンク:警察相談専用電話 #9110

 

被害届の提出

直接、警察に相談する場合は、被害届を提出しておきましょう。

 

被害状況について詳細であればあるほど受理してもらいやすいので、詳細な状況を覚えている状態で被害届を提出するのがベストです。

 

被害に遭ったらすぐに警察署に行って被害届を記載しましょう。

 

ただし、被害届が受理されたからといっても警察がちゃんと動いてくれて操作してくれるかどうかは何とも言えません。

 

刑事告訴

被害届よりも、もっと警察を動かす効力を持っているのが刑事告訴です。刑事告訴を受理すれば警察は事件処理をする義務が発生するので、放置することなく捜査してくれるようになります。

 

そこが刑事告訴と被害届の大きな違いですね。

警察に被害届を出すときに覚えておいたほうがいいこと

警察に被害届を出しに行くときに必要なものや行った先で書くことなどについてみていきましょう。

 

被害届の提出に必要なもの

被害届を提出するときに必要なのが

・身分証明書

・印鑑

です。

 

身分証明書は運転免許証などを普段から持ち歩いていると思いますが、印鑑は忘れやすいので気を付けてください。

 

被害届に記入する項目

被害届を提出する際に記入するのは以下の項目です。

 

  1. あなたの住所・氏名・年齢・職業
  2. 被害のあった日時と場所
  3. 被害の状況と内容
  4. もし盗まれた・壊されたものがあればその金額など
  5. 犯人の情報(姿を見かけたOR心当たりのある人物がいれば)
  6. 遺留品・診断書などの証拠(あれば)

 

書き方や、何を書けばいいか迷ったとしても、警察の方が指示してくれますので、そこは心配する必要はないでしょう。

 

ただし、被害状況を詳しく書かないと被害届の受理をしてもらいにくくなるので、しっかりと詳細を記載できるように記憶やメモを残しておくのが大切です。

 

できるだけ被害直後に届け出る

被害届に怪文書被害の詳細を記載するためには、記憶が新しい被害直後に届け出るのがベストです。

 

ついつい

「怪文書が届いたけど、どうすればいいんだろう・・・」

「怪文書が届いたことをだれに相談すればいいんだろう」

と一人で考え込んでしまって何日も経過したということが起こりやすいですが、嫌がらせを受けたらすぐに行動に移すことが賢明です。

 

被害届が受理されても警察が動いてくれるとは限らない

被害届を受理してもらうために、被害直後に警察に相談するのがいいとお伝えしましたが、残念ながら、被害届が受理されても警察が動いてくれるとは限りません。

 

警察にはさまざまな事件や事故の相談が寄せられており、事件性が高いものや緊急性が高いものを優先して捜査しなければならないためです。

 

怪文書や嫌がらせの手紙の被害については事件性や緊急性が低いと判断されてしまうケースが多いのです。

参考記事:怪文書や嫌がらせ被害で警察は動いてくれる?警察以外の有効な相談先

 

被害届が受理された後に警察にしっかりと動いてもらうためのポイント

被害届を出しても警察は動いてくれないけど、

 

「嫌がらせにおびえて通常の生活ができない」

「いつかまた被害に遭うのではないかと怖い」

「のちのち大きな事件に巻き込まれるのではないか」

 

などの悩みを抱える人も多いと思います。

 

どうしても警察に動いてもらって、捜査してもらい、犯人を捕まえてほしいという場合には、警察に動いてもらうために工夫する必要があります。

 

被害の緊急性や悪質性の証明

あなたの被害状況が緊急性や悪質性、事件性が高いと判断されれば、警察も動いてくれるかもしれません。

 

怪文書が届いたこと以外に、メールや電話で嫌がらせを受けている、家の周りにもいたずらをされている、壊されたものがある、ずっと前から続いているなど被害状況を証明できるものを提出し、証明しましょう。

 

犯人を特定しておく

怪文書を送り付けてくる人は、会社の同僚や近所の人、以前の交際相手など、あなたの知っている人で案外身近にいることが多いです。

 

そのため、「確証はないけど、おそらくこの人が犯人ではないか」という予想ができることもあるので、犯人だと思われる理由も含めて警察に報告してください。

 

目的を明確にする

警察に相談する目的を明確にしておくことも大切です。

 

怪文書を送った犯人に警察から警告してもらいたいのか、それとも逮捕してほしいのか、あなたが被害届を提出した目的を警察に伝えてください。

 

警察が警告するだけという目的の場合で、犯人も想定できる場合はすぐに動いてくれることもあります。

 

犯人を特定する上で注意すべきこと

警察に動いてほしい場合に限らず、怪文書を送ってきたのはいったい誰なのか、犯人は特定しておきたいと思いますよね。

 

しかし、自力で犯人捜しをして特定することは危険なことでもあります。犯人を特定する際に注意しておきたいことを説明します。

 

無理に動かない

怪文書を送ってきた犯人に対しての怒りから、こちらもムキになって犯人を捕まえようとする方がいますが、無理に動いて犯人を刺激するのは危険です。

 

犯人に悟られないよう、こっそり探っていくことが大切です。犯人はあなたやあなたの家族を監視している可能性がありますので、注意深く行動してください。

 

犯人がわかっても誰にも話さない

もし仮に犯人がわかっても、周りの人には言わないほうがいいでしょう。

 

犯人だと思った人が違っていることも考えられますし、もしそうだとすると、犯人だと疑われて周りに言いふらされたと名誉棄損で逆に訴えられてしまう危険性もあります。

 

誰にも話さず、警察に相談するようにしてください。

 

証拠集めや犯人捜しは探偵に相談する

犯人を特定するための証拠集めや、犯人捜しはあなたやあなたの家族がするのはとても危険です。

 

犯人は怪文書を送り付けるくらいに、何かしらの恨みをあなたとあなたの家族に持っています。(それが理不尽なことだったとしても)

 

犯人が常にあなたを監視して見張っている可能性もありますので、犯人捜しや証拠集めは探偵に任せるのが一番いいでしょう。

 

実績のある探偵事務所であれば、嫌がらせの調査だけでなく、浮気調査や企業調査も行っているので経験が豊富で怪文書の犯人捜しもスピーディーに解決してくれるはずです。

 

当事務所スプラッシュジャパンでも調査実績は豊富にあり、成功率にも自信がありますので、一度相談だけでもいらっしゃることをおすすめします。

 

参考記事:嫌がらせを探偵に依頼する際の選び方のポイントと探偵に依頼すべき理由

 

怪文書の被害で特に注意すべきこと

警察には

「怪文書ね。よくある嫌がらせでしょ」

のように軽く扱われてしまうかもしれません。

 

そうなると「被害届を提出してけど、もしかしてたいしたことではないのかも・・・?」と自分の中で処理しようとする人も出てきそうですが、怪文書の被害は甘く見ないほうがいいです。

 

住所が知られているので危険性が高い

怪文書が送られてきているということは、住所なり家の場所なり、犯人が把握しているということになります。

 

犯人に住所を知られているのは気味が悪いですし、次はもっと被害の大きい事件を起こされる危険性もあります。

 

できるだけ早く探偵など専門機関に相談する

今以上に被害が大きくならないためにも、できるだけ早く探偵などの専門機関に相談するのがいいですね。

 

警察では事務処理的に扱われる可能性が高いですが、探偵であればあなたの心のケアも含めて相談に乗ってくれますので、話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になるはずです。

 

家のものを壊されたり、あなたを直接傷つけたりという被害に発展する前に、できるだけ早く相談しに来てくださいね。